美容外科なら新宿で

新宿美容外科で受けられる痩身法の紹介

運動や食事療法ではなかなか痩せにくい部位や、すぐに結果を出したい場合には美容外科で痩身施術を受けることも効果的です。しかし方法によっては得意とする部位や効果の出る条件が異なるので、自分に適した施術方法を見つけることが大切です。

ベイザー脂肪吸引法とは

ベイザー脂肪吸引法という美容外科の中にある施術方法は、超音波である「ベイザー波」を脂肪細胞に照射して、脂肪のみを液体化させて吸引します。脂肪にのみ反応する波長なので組織近くにある血管や神経を傷つけることがない安全な方法といえます。また従来の吸引法よりも皮膚の浅い層の皮下脂肪まで吸引が可能なので、痩せ型の体型の人や部分痩せを希望する人に選ばれている方法です。また、出血も少ないことが特徴で、痛みも軽減できるよう工夫された施術方法なので、患者の負担が軽いことが最大のメリットです。しかし、お尻の脂肪を取った場合に左右差が生まれてしまったり、皮膚の表面がでこぼことした仕上がりになってしまうといったリスクもあるので注意が必要です。

ボディジェット脂肪吸引とは

新宿美容外科で受けられる痩身法には「ボディジェット脂肪吸引」と呼ばれる方法もあります。この方法は、痩せたい部分の筋肉層と脂肪層の間にごく細い吸引管を差し込み、中に薬剤を流しいれることで脂肪を分解していきます。この水流には麻酔の他に止血剤が含まれているので出血量が少なく痛みも軽減されていることが特徴です。水流によって分離された脂肪はカニューレとよばれる吸引管で吸い上げられます。時間も比較的短時間で済み、患者への負担が少ないのがメリットです。費用は30万円から100万円前後と差があるので、施術部位や範囲・脂肪を吸引する程度によって異なるからです。ダウンタイムは短いですが、人によっては施術後に筋肉痛のような痛みを感じる場合があります。

ふくらはぎボトックスとはどんな方法か

下半身の中でも特にふくらはぎ部分の痩身は難しいです。運動やマッサージでもなかなか痩せないことでお悩みの人が多いので、美容外科を訪れる人も少なくありません。しかしふくらはぎ部分が脂肪ではなく筋肉の過度な発達によって太くなってしまう場合には「ふくらはぎボトックス」という方法が適しています。ふくらはぎ部分に「ボツリヌス菌」を注射し、ヒラメ筋と呼ばれる金繊維を萎縮させることによって痩身を図ります。メスを使うことなく足を細くすることができるので患者の身体的負担が軽いのが特徴です。しかし効果は一定期間しか続かないので、定期的な施術を受けることが必要になります。平均的な効果の持続期間は、およそ半年程度といわれています。

当院のレーザー施術でお肌から美しくなってみませんか。 理想の追求と共にストレスの少ない施術を感じて頂けます。 当院での施術の流れはHPにて細かく紹介させて頂いておりますので是非ご覧下さい。 通院時に必要なアフターケア等の費用は掛かりませんのでご安心下さい。 カウンセリングに多くの時間を取り【不安】を取り除きます。 施術後に仕上がりを確認して頂いて、何かあればその場で対応していくことが可能です。 新宿の美容外科で美しさを求めよう