新宿美容外科はコンプレックス解消を助けてくれる

芸能人のように可愛くなりたいとか、老けて見えたら嫌だと思うのは、美意識の高い人にとって自然な願望でしょう。美容外科では、見た目のコンプレックス解消の手助けになる施術を行っています。メスを使わない方法もあるので敷居は低いです。

二重の手術が一番人気

新宿美容外科で一番人気なのは、二重の形成手術です。メスを使わない埋没法と、メスでまぶたを切る切開法の2パターンがあります。埋没法は、ほんの5分から15分程度で完了する簡単な手術です。切開法はメスを入れる分、二重が半永久的に維持されます。周りにバレたくなければ、数日から1週間で腫れが引くので、大型連休の始めの頃に手術を受けるのが良いでしょう。
大きくパッチリした目もとは、男女問わず、好感度の高い顔立ちです。テレビや雑誌に出ていて、可愛い・カッコいいと評判の人たちの殆どが二重まぶたです。一重まぶたや奥二重は、目の印象がクールでカッコいい雰囲気は出せますが、可愛らしい顔立ちが好みなのに一重まぶただ、という人は、コンプレックスの原因になります。

鼻を高く見せる手術も人気

鼻筋が通っていると、顔立ちがはっきりしますし、小顔効果があります。白人のモデルは目鼻立ちがくっきりしており、目を引きます。外国人のような顔立ちに憧れる人のニーズに合わせ、美容外科には、鼻を高く形成する施術があります。
手術をする場合は、鼻筋を切って、中にシリコンを注入します。手術して数年経つと、シリコンが鼻筋から出てしまうことがあるので、定期的なメンテナンスが必要です。耳の軟骨を鼻に移植すると、移植部分が定着するので、メンテナンス機会は減ります。確実に鼻を高くしたい人は軟骨移植が適しています。
手術はちょっと怖い、と思う人にはヒアルロン酸注入を試してみたらどうでしょうか。鼻筋にヒアルロン酸を注射する施術です。効果は半年程度続き、メスを使わないので傷口は分かりづらいです。

シワが気になる人にはボトックス注射がいいかも

年齢を重ねてくると、口元やおでこにシワができはじめます。シワが見えると、実年齢以上に年を取って見えることから、鏡を見るたび気にする人も少なくありません。シワができる仕組みは、表情を作ったときに、筋肉と同時に皮膚も動かされることで、たるんだ部分に線ができあがるためです。
美容外科では、シワをできにくくするボトックス注射を行っています。ボトックスは筋肉の動きを鈍らせます。筋肉の動きが鈍れば、皮膚も動かないのでシワができないのです。
ボトックスは欧米で主流の美容外科施術です。欧米の人たちは、骨格の作りが原因でおでこにシワができやすく、10代でもおでこにシワが寄ります。見た目を気にするセレブたちは、ボトックス注射を頻繁に打っています。